天然のサプリメント『スプラウト(Sprout)』2種類の栽培方法と効果的な食べ方

野菜不足の人にぜひ!

スプラウト(sprout)とは、主に穀類、豆類、野菜の種子の新芽のことをいいます。近年、スーパーマーケットなどでもさまざまなスプラウトを見かけるようになりました。
スプラウトを栽培したことありますか?

実は、スプラウトは寒い時期に育てやすい野菜なんです。

栽培方法のほかにも、効率のよい効果的な食べ方を紹介しています。くわしくはこちら

「もやし系」スプラウトがおすすめ

BE-PAL.NETで「かいわれ系」と「もやし系」2種類の栽培方法を紹介しました。どちらの栽培方法にしようかお悩みの方には、「もやし系」スプラウトをおすすめします。

なぜ「もやし系」が良いのか?

「もやし系」スプラウトは、新芽から根っこまでをまるごと食べることができるホールフードだからです。スプラウトに含まれている栄養を全部、欠けることなく食べられるということは、バランスがとても良い状態ということです。

スプラウトは、”天然のサプリメント”といわれています。
小さな小さな新芽には、これから成長していくために必要な栄養がぎゅっと詰まっています。

もちろん、「かいわれ系」にも豊富な栄養が含まれています。彩りなど手軽に使えるところや、育てやすいのも良いですね。
「もやし系」、「かいわれ系」どちらも使いこなせるようになるのが1番良いですね。

この冬のおうち時間に

室内に色とりどりのフレッシュな植物があるだけでほっと心がやすらぎます。
寒い時期に室内で簡単に育てられるスプラウト。
観葉植物のように育ててみてはいかがですか?