Plant-based Outdoor cooking『甘いフルーツポリッジ』

山ガール必見!山ごはんでキレイを目指そう!

今や意識高い系女子の定番メニューとなりつつある『ポリッジ』。BE-PAL.NETで山ごはんでシェラカップを使って作るレシピとして紹介しました。レシピの他にもオートミールに含まれている栄養やその効果などについても書いています。
詳しい内容はこちらから。

ここでは、さらに美味しい食べ方を紹介したいと思います。

今回は、フレッシュなフルーツを使ってつくるレシピを紹介しました。
フルーツポリッジを美味しく作り、美味しく食べ、飽きずに食べるポイントは!
ポリッジとフルーツの割合をフルーツ多めにすること

さらに美味しく!美しくなるトッピング

レシピでは、メープルシロップやはちみつを使って甘さを加えています。甘さがぼやけていたら、天然塩をひとつまみ入れると味が締まります。
さらにおすすめのトッピングが
ピーナッツバターとプルーンペーストです。どちらでも好みのもので。
ピーナッツバターは市販のものでOKです。できれば、原材料が落花生だけのものを選ぶようにしましょう。
プルーンペーストは、プルーンを少量のお湯を入れてフードプロセッサーやミルを使ってペースト状にしたものです。
どちらも美容効果の高い食品ですが、美味しくてつい食べ過ぎてしまう点にだけくれぐれもご注意を!!

いつもの山ごはんとポリッジを食べ比べてみよう!

日本でオートミールといえば、白くて平らな形をした牛乳などに浸せばすぐに食べられるタイプのものが一般的ですが、ここではスティールカットオーツという加工されていないオートミールを使ってレシピを紹介しています。
オートミールはアスリートにも注目されている栄養のバランスの良い食品です。オートミールが苦手な人にこそ食べてもらえたらとスティールカットオーツで作るポリッジを紹介しました。
是非、いつもの山ごはんとポリッジ。食べ比べて体感してみてください。